biography |  - Kosuke Ikeda 池田剛介 -

Kosuke Ikeda

biography

Kosuke Ikeda

1980
Born in Fukuoka, Lives and works in Tokyo
2003
BA, Kyoto University of Art and Design
2005
MFA, Tokyo University of the Arts

Selected Solo Exhibitions

2012
“Melbourne Art-Power Plant” RMIT Project Space, Melbourne
2009
“Plastic Flux” Lower Akihabara, Tokyo
2006
“Goldfish Picture” Voice Gallery pfs/w, Kyoto
2003
“This is Reflection.” Voice Gallery pfs/w, Kyoto/Gallery of Tokyo University of the Arts

Selected Group Exhibitions

2014
“Anti-War” SNOW Contemporary, Tokyo
“Tomorrow Comes Today” National Taiwan Museum of Fine Art, Taichung
2013
“Kobe Biennale 2013” Kamomeria venue, Hyogo
“Aichi Triennale 2013” Nayabashi venue, Aichi
“Mori-butai” Niu-Hachiman Shrine, Tokushima
“Mobile Triennale” Kasugai City Hall, Aichi
“Identities in the World” Tokyo Wonder Site Shibuya, Tokyo
2012
“Fukushima Temporary Power Plant” Ushikochi Temporary Housing, Fukushima
“Kesen Transplant” San Andres Park, Iwate
“Mori-Butai” Kamaseyama Village Theater, Tokushima
2011
“Tokyo Art-Power Plant” Tokyo University of the Arts, Tokyo
“Dojima River Biennale 2011” Dojima River Forum, Osaka
2010
“Matsudo Artline Project 2010” Chiba
2008
“Vivid Material” Tokyo University of the Arts, Tokyo
“fly” con tempo, Tokyo
2007
“Stars Popping out of Chaos 2007” Spiral Garden, Tokyo
2006
“Salad Days” Artists Space, New York

Award/Grant

2014
The Asahi Shimbun Foundation
2013
Kobe Biennale 2013, Jury’s Special Award (Green Art Section)
2005
Japanese Agency for Cultural Affairs, International Cultural Exchange Program

Residency program

2012
RMIT University, Melbourne (Tokyo Wonder Site/Asialink exchange residency program)

Essays

2014
“Toward the Interferential Aesthetic” Contemporary Thought (January Issue)
2012
“Cezanne’s In-between” Eureka(April Issue)
2011
“How Can We Represent Nature after the Catastrophe?” Cotemporary Thought (September special issue)
“Preservation and Thawing”, catalog of Floating View
2010
“Toward the Micro-Materialistic Transformation of Umwelt” Eureka (September Issue)

池田剛介

1980
福岡生まれ
2003
京都造形芸術大学 情報デザイン学部 卒業
2005
東京藝術大学大学院 美術研究科先端芸術表現専攻 修了

主な個展

2012
「メルボルン芸術発電所」RMITプロジェクトスペース、メルボルン
2009
「Plastic Flux」Lower Akihabara、東京
2006
「Goldfish Picture」Voice Gallery pfs/w、京都
2003
「This is Reflection.」 Voice Gallery pfs/w、京都/東京藝術大学ギャラリー、茨城

主なグループ展

2014
「反戦——来るべき戦争に抗うために」SNOW Contemporary、東京
「Tomorrow Comes Today」国立台湾美術館、台中
2013
「神戸ビエンナーレ2013」かもめりあ会場、兵庫
「あいちトリエンナーレ2013」納屋橋会場、愛知
「モバイルトリエンナーレ」文化フォーラム春日井、愛知
「杜舞台」仁宇八幡神社、徳島
「私をとりまく世界」トーキョーワンダーサイト渋谷、東京
2012
「福島仮設発電所」牛河内仮設住宅、福島
「Kesen Transplant」サン・アンドレス公園、岩手
「杜舞台」鎌瀬山農村舞台、徳島
2011
「東京藝術発電所」東京藝術大学、東京
「堂島リバービエンナーレ2011」堂島リバーフォーラム、大阪
2010
「松戸アートラインプロジェクト」旧原田米店、松戸
2008
「ヴィヴィッド・マテリアル」東京藝術大学、東京
「fly」con tempo、東京
2007
「混沌から躍り出る星たち2007」スパイラルガーデン、東京
2006
「Salad Days」Artists Space、ニューヨーク

受賞/助成

2014
公益財団法人 朝日新聞文化財団 芸術文化助成
2013
神戸ビエンナーレ2013 グリーンアート部門審査員特別賞
2005
文化庁海外研修制度(滞在先:MITリスト視覚芸術センター)

アーティスト・イン・レジデンス

2012
ロイヤルメルボルン工科大学(トーキョーワンダーサイト/アジアリンク 二国間交流事業プログラム)

主な論考

2014
「干渉性の美学へむけて」『現代思想』1月号
2012
「セザンヌの中間地帯」『ユリイカ』4月号
2011
「破局以後、自然の表象は可能か?」『現代思想』9月臨時増刊号
「保存して解凍する」『floating view』(topofil)
2010
「マイクロマテリアルな環世界変容へむけて」『ユリイカ』9月号

(c)Kosuke Ikeda